このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 基本的な知識を身につけよう!仮想通貨は決して怖くない

基本的な知識を身につけよう!仮想通貨は決して怖くない

57view

2018.01.20

まずは基本的な知識を増やそう

法定通貨との違い

一般的に、通貨とは円・ドル・ポンドなどを指します。これが、法定通貨と呼ばれている通貨です。しかし、法定通貨とは似て非なる仮想通貨・暗号通貨と呼ばれるものが登場し、注目を集めるようになりました。仮想通貨・暗号通貨は、法定通貨とは大きく異なる特徴を持っているため、注意しなければなりません。

きちんと違いについて理解しておかないと、実際に使おうとしたときに苦労することになります。もっとも大きな違いは、紙幣や硬貨のような現物が存在するかどうかです。円・ドル・ポンドなどは、もちろん紙幣や硬貨が存在しています。しかし、暗号通貨・仮想通貨はインターネットの世界で通用するものなので、紙幣や硬貨は存在しません。

また、強制通用力の有無も大きな違いです。法定通貨はそれぞれの国家で法令によって強制通用力が認められていますが、暗号通貨・仮想通貨は国家に認められているわけではありません。暗号通貨と仮想通貨は、基本的に同じものを指します。

実は種類が多い仮想通貨

仮想通貨と聞いたとき、多くの人が思い浮かべるのはビットコインです。世界的に、とりわけ多くの人が使っているのがビットコインだといえます。しかし、他にもさまざまな種類があるため注意が必要です。たとえば、ライトコイン・イーサリアムなどが知られています。特に、後者のイーサリアムは価格上昇が見られ、人気が出てきている仮想通貨の1つです。

このように、仮想通貨にはさまざまな種類があるため、最初からビットコインに限定して考えてしまうのは早計だといえます。複数の種類を比較してみなければなりません。じっくりと比較してみると、それぞれのメリット・デメリットが見えてきます。

また、特定の種類に偏らない幅広い知識を身につけられるようになるため、本格的な投資を始めようと思ったときに苦労することも少なくなるのです。

用語の理解

初心者が大金を投資しても、必ず利益が出る保証はありません。まずは、用語を正しく理解することから始めるようにします。本格的な投資を始める前に知っておくべきものとして挙げられるのは、たとえば以下の用語です。

  • ウォレット
  • マイニング
  • 取引所
  • チャート

ウォレット

直訳した意味は財布ですが、もちろん現実の財布を用意するわけではありません。仮想通貨はインターネット上で使うものなので、インターネット上で用意するのです。仮想通貨は、入手した時点で全てを使い切るわけではないため、どのように保管するかが重要になります。信頼できるウォレットがあると、取引をする際に安心感が生まれるわけです。

マイニング

直訳すれば採掘ですが、ウォレットと同様に、何かを掘りに行くわけではありません。マイニングは、ウォレットと比べると理解しにくい概念です。取引の信頼性を高めるためには、正確な記録をすることが求められます。

しかし、簡単に記録できるわけではないため、作業を手伝う人が必要になるのです。この作業を手伝った人には、仮想通貨による報酬が与えられます。報酬には新規発行された仮想通貨が使われるのですが、新規発行に関わる行為がマイニングと呼ばれるのです。

取引所

ビットコインにせよイーサリアムにせよ、どこで手に入れるかを知っておく必要があります。実は、さまざまな取引所があり、そこで取引が行われているのです。当然のことながら、インターネット上に存在しています。

自分のアカウントを作成し、ルールに従って取引を行うのです。ただし、全ての取引所が信頼できるとは限りません。また、使いやすさにも違いがあります。そのため、事前の比較が不可欠です。

チャート

為替取引を行う場合と同じように、チャートを読むスキルを磨くことが大切です。チャートには、取引で必要な情報が詰まっていて、読み方が分からない人は大損してしまいます。初心者のうちは読めなくて当然ですが、チャートを目にする機会を増やし、慣れておくことが不可欠です。他の情報と合わせることで、少しずつ読み方が分かってきます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る