このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 知っているようで知らなかった!仮想通貨の特徴とメリット

知っているようで知らなかった!仮想通貨の特徴とメリット

72view

2018.01.20

仮想通貨とは

仮想通貨のイメージ

最近、仮想通貨の一種であるビットコインが話題となっています。といっても、「投資」のイメージが強く初心者の私たちにはなかなか知る機会がないのも事実です。ビットコインは私たちが日常生活で使っている円やドルなどと同じように、お金です。ビットコインの単位はBTCです。

しかし、私たちの財布の中にあるような普通のお金と違うところは、「仮想」という名の通り現実には存在しないというところです。

仮想通貨は案外私たちの身近に存在します。例えば、ゲームの世界でポイントを貯めるとその世界のお店ではお金として使え、商品を買うことが出来ることや、提携しているお店で共通のポイントを貯め、それをお金として使えることなどが挙げられます。

仮想通貨と暗号通貨

日本人にはあまり聞き覚えのない言葉かもしれませんが、暗号通貨という言葉もあります。

仮想通貨と暗号通貨の意味に違いはありませんが、暗号通貨はCryptocurrency Bitcoinと呼ばれるビットコインの正式名称の翻訳から生まれた言葉なので、こちらの方が仮想通貨の実態を表しているといえます。

暗号通貨には「暗号理論を用いて取引の安全性と新たな発行を統制している通貨」という意味が込められています。

ビットコイン以外の仮想通貨

仮想通貨と言えばビットコインと思い描く方も多いと思いますが、それ以外のものもあります。

ビットコインに次いで注目を集めているのは、イーサリアムと呼ばれる仮想通貨です。イーサリアムがビットコインと比較して大きく違うところは、スマートコントラクトという仕組みが取り入れられているところです。これは取引の契約や履歴などを自動的に瞬時に強制される仕組みです。この仕組みによってより安全なインターネット上の取引が期待されています。

ビットコインとは

ここからはビットコインを実際にどのように使うのか初心者でもわかりやすいようにまとめました。

ビットコインの特徴

ビットコインは仮想通貨の一種と言いましたが、実際に何が違うのでしょうか。

ビットコインは一般的なお金を同じ様に経済活動を円滑にするために作られた通貨です。しかも国によって単位が異ならないため、今までのお金と比較するともっとスムーズに効率よく使えると思われます。

ビットコインのメリット

ビットコインを使うことのメリットは大きく3つに分けられます。まず、個人でも直接お金のやり取りが出来ることです。

一般的なお金は直接会って実際の硬貨や紙幣を渡すか、銀行など仲介の取引所が必要でしたがビットコインはインターネット上のものなので、遠く離れた人が相手でも個人対個人で直接お金の取引をすることが可能です。

しかし、実際には取引所を介して取引をする利用者も多く、その理由は個人だとマッチングが上手くいかないことが多いようです。

次に、手数料が少ないことです。ビットコインの取引には仲介者がいないため、手数料がとても安く済みます。

最後は、自由な経済活動が行えることです。

ビットコインには銀行などの制約がありませんし、普通の通貨のように国によって異なる通貨単位はありません。そのため、世界中で利用することが出来ますし、今後もっと浸透していく可能性があるかもしれません。

使い方

ビットコインを利用するにはウォレットが必要です。ウォレットとはお財布や銀行の口座のような役目をするものです。利用者は各自ウォレットを作成し、そこでビットコインを保管します。

次に、投資についてです。利用者はビットコインの相場価格が表示されたチャートを見て投資を行うことが出来ます。こまめにチャートを確認することで、チャンスを逃さないようにしましょう。マイニングと呼ばれている仕組みもあります。

ビットコインにはプルーフオブワークシステムというシステムがあるのですが、そこに参加し、報酬としてビットコインを貰うことをマイニングと言います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る