このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨の取引を始めるには?基本的な仕組みと取引の仕方

仮想通貨の取引を始めるには?基本的な仕組みと取引の仕方

52view

2018.01.20

仮想通貨の基本的な仕組み

仮想通貨というのは、いわばインターネット上に存在する「お金」のことです。皆さんもニュースなどで「ビットコイン」や「イーサリアム」などといった言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その総称です。

国家や中央銀行が発行して管理する通常の「通貨」と比較すると、仮想通貨の場合は、特定の人や機関が一元的に発行するのではなく、「ブロックチェーン」などのインターネット上の技術を利用した仕組みになっています。このインターネット上での情報のやり取りは、すべて暗号化されているため、仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれることがあります。

仮想通貨は、すべての取引記録がインターネット上に記録されていますが、特定の人や機関が記録しているわけではなく、その作業は世界中の有志のユーザーでシェアされています。その作業を行った人には、その見返りとして、新規発行された仮想通貨が割り当てられ、このプロセスをマイニングと呼びます。

この世界中の有志の人々のマイニングにより、それぞれの仮想通貨の信頼性や安全性の向上と規模の拡大が起こっているわけです。暗号通貨というと馴染みのない人からすると、とても怪しげな印象を持たれるかもしれませんが、インターネット上の技術を基盤として、改良や改善が重ねられており、安全性や匿名性がしっかりと確保されています。

なお、仮想通貨のうち、現時点で世の中に一番流通しているのは、皆さんも名前だけは聞いたことがあるかもしれませんが、ビットコインになります。それに次ぐ二番手がイーサリアム、以下リップル、ライトコインなどが続きます。

また、ニュースでも話題になりましたが、ビットコインから分裂して生まれたビットコインキャッシュも勢いがある仮想通貨です。ビットコインの価格チャートを見ると、物凄い勢いで価格が上昇しているのが理解できると思います。

仮想通貨を取引するには

仮想通貨に投資して利益を上げたいと思う人も多いと思います。まず仮想通貨を保有するにはウォレットと呼ばれる「お財布」が必要です。
ウォレットには、オンライン上のウォレットと、自分のパソコンやスマートフォンに保管するローカルウォレットなどがあります。

オンライン上のウォレットの例としては、「ビットフライヤー」「コインチェック」といった取引所があります。取引所により扱っている仮想通貨の種類などが異なりますので、よく比較して自分に合った取引所を探すのが重要です。

取引所での取引の仕方は、初心者には敷居が高いと思われがちですが、非常に簡単です。まず氏名やメールアドレスの登録、電話番号の認証などによってアカウント(口座)を開き、銀行振り込みやクレジットカードで現金を入金し、チャートなどを見ながら仮想通貨を購入することになります。

投資としては、価格が安いところで買い、高いところで売れば、その差額が利益になります。やはり流通量が大きい仮想通貨の方が、取り扱っている取引所や販売所も多いですし、ウェブサイトなどの情報も得やすいので、初心者の方には、まずは、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーなものをお勧めします。

仮想通貨は、今後ますます世の中に普及することが期待されています。通貨は国によって異なりますが、仮想通貨は、いわば「世界共通のお金」です。例えば、海外にいる人とのお金のやり取りは、これまで銀行送金などが一般的でしたが、仮想通貨であれば手数料を気にすることなく簡単にインターネット上で送金ができます。

また、仮想通貨で支払いできるお店が増えていけば、お店にとっても細かな現金のやり取りをなくせますし、利用者にとっても現金を持ち運ぶ手間やリスクを減らすことができます。

実際、大手の家電量販店であるビックカメラでは、ビットコインでの支払いを受け付けていますが、今後そのような動きは広がっていくと思われます。その普及を信じる人が多ければ多いほど価格は上昇していくのではないでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る