このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 今から知っトク!初心者向け!仮想通貨の基礎と仕組み

今から知っトク!初心者向け!仮想通貨の基礎と仕組み

33view

2018.01.20

仮想通貨の基礎知識

仮想通貨とは、インターネット上に存在する通貨のことで、紙幣や小銭といった目に見える物体として存在しない通貨です。仮想通貨を利用して現実の世界で商品やサービスを購入することができます。また現実の世界のお金で投資をするように、仮想通貨でも投資をすることができます。仮想通貨には仮想通貨の相場がわかるチャートが存在します。

経済の動きを分析し、チャートで確認し、売り買いによって利益を出すことができます。現実の世界の通貨は各国の中央銀行が流通量を決定し管理していますが、仮想通貨は国や銀行が管理を行わない新しい通貨の概念として注目され、世界に数千種類も存在します。

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入することが可能で、購入した通貨はそのまま取引所に保管することが可能ですが、取引所自体がハッキングされたり倒産したりした場合に自分の仮想通貨を失うリスクがあるため、これから始めたい初心者は特に“ウォレット”という保管場所を持つことをおすすめします。

文字通り、仮想通貨を保管する財布といったものですが、この“ウォレット”には様々なタイプがあります。仮想通貨をウェブ上で管理する“ウェブウォレット”、スマホ上で管理する“モバイルウォレット”、紙に出して管理する“ペーパーウォレット”、そして個人のパソコンで仮想通貨を管理する“デスクトップウォレット”があります。仮想通貨も大事なお金です。

用途や操作性を比較し自分に合ったウォレットを使い、ハッキング等あらゆるリスクから大事な通貨を守ることが大切です。また日本では“仮想通貨”と呼ぶのが一般的ですが、海外では主に“暗号通貨”と呼びます。

暗号通貨という名称に関しては、この分野の先駆けとなった通貨ビットコインの正式名称が“Cryptocurrency Bitcoin”、すなわち“暗号通貨ビットコイン”と紹介されたため、海外では暗号通貨と呼ばれることが主流になりました。前述したように仮想通貨を管理する国や銀行はありません。

しかし仮想通貨はまさに暗号技術を用いて作られ、あらゆるリスクを防ぐべくセキュリティを高められています。ビットコインを代表とする仮想通貨は“ブロックチェーン”というデバイスの中に全ての取引情報が記録され、その全ては世界中で公開されています。

世界中の仮想通貨の取引情報が記録されたブロックの塊同士が、鎖で繋がれているのをイメージするとわかりやすいです。ブロックチェーンには発生した全ての取引情報が記録されるため、情報の改ざんが困難であり、ハッキングも不正もできない形となっています。

またビットコインに次ぐ人気の仮想通貨に“イーサリアム”があり、ビットコインと同様にブロックチェーン技術を利用していますが、イーサリアムはより機能を拡張させ、“スマートコントラクト”という技術を活用しています。これは取引で行う契約の経緯や送金の履歴といった内容を自動的にネットワーク上に保存していく機能です。

保存された内容は常時世界中の人々が見ることができるため、偽造や改ざんを困難にし、非常に信頼性の高いシステムを形成しています。仮想通貨は世界中に沢山あるため、これから始めたい初心者においては、十分に比較し、検討を重ね、信頼性の高い仮想通貨を選ぶことが大切です。

仮想通貨への貢献と報酬

ビットコインをはじめとした仮想通貨の多くは、一定期間ごとに全ての取引記録を取引台帳に追記していきます。ネット上に分散し保存されている取引台帳のデータと、追記までの間に発生した全てのデータの整合性を取りながら、正確に記録しなければなりません。世界中の仮想通過の動きを全て、整合性を取りながら記録するためには、膨大な計算処理能力が必要になります。

そこでこの膨大な追記作業を、ネットに接続している多数のコンピューターの計算能力を借りて行い、お礼に報酬を与える仕組みが形成されています。そのように個人が自分のパソコンの処理能力を貸して追記作業を手伝い、報酬を得ることを“マイニング”といいます。

マイニングは通貨の健全な運用を手助けすることになります。仮想通貨の世界に役立つうえ報酬も受け取れるという、魅力的なシステムとして注目されています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る