このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨の基礎入門|仮想通貨の仕組み・特徴・入手方法などを解説

仮想通貨の基礎入門|仮想通貨の仕組み・特徴・入手方法などを解説

122view

2018.01.20

まずは仮想通貨の基礎を知ろう!

マウントゴックス事件で一躍有名になり、それまで聞いたこともなかった「ビットコイン」が今では話題沸騰中です。原因は、ここ数年の凄まじい価格の高騰によるもの。「ビットコインに投資をすれば儲かるかも」という期待からビットコインに投資する人が急増。

現在は高騰はしたものの、乱高下の激しい状態となっています。そのような仮想通貨について、もっと詳しく知りたい!という方のために、仮想通貨の基礎的なことを解説しておきたいと思います。

そもそも仮想通貨ってなんなの?

ビットコインをはじめとする仮想通貨と呼ばれるものには様々な種類があります。仮想通貨は暗号通貨(クリプト・カレンシー)・アルトコインなどとも呼ばれ、ビットコイン以外ではイーサリアム・リップル・MONA・ライトコインなど、その数200種類以上。ICOによって、まだまだこれからもたくさんの種類のアルトコインが誕生すると思われます。

これらのコインはインターネット上で取引されることを主体としたバーチャルの通貨で、円やドルのように実体がありません。そうなると「じゃあ電子マネーと同じ?」と思いがちですが、電子マネーとの違いは発行主や運用できる機関が特定されていないこと。

仮想通貨(暗号通貨)は全てコンピュータープログラムによって決められ発行主も特定の運用媒体も存在しない、いわば世界中のどの国でも通用し、何にでも使える通貨といえます。

仮想通貨の使用目的は何?

仮想通貨の使用目的としては、現在ほとんどの場合が「投資」です。株やFXと同じように、ビットコインやイーサリアムなど自分で見定めた好みのコインに投資してトレードすることによって利益を出すという方法。ですが今後徐々に通貨としての価値を高め、徐々に使えるお店が増えてくることが考えられます。

実際に日本国内でもビックカメラやメガネスーパー・HISなどの実店舗でビットコインによる決済が始まってきています。

仮想通貨はどこで手に入るの?

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、「仮想通貨交換所」で購入・取引をすることができます。日本の金融庁公認の取引所では扱われている仮想通貨が限られますが、初心者で仮想通貨を始める場合はいきなり取引所での売買をおこなうよりも最初は販売所などで購入する方が比較的簡単です。

仮想通貨をマイニングで入手する

コンピューターのプログラミングといいましたが実際に仮想通貨がどのようにして誕生しているのかといいますと、コンピューターの暗号化技術とP2Pという仕組みを組み合わせることでプログラミングをおこない、その処理作業の報酬としてビットコインが支払われるという仕組みです。

そのようにして生まれたビットコインは徐々に価値のある仮想通貨として取引されるようになり、その取引を全て演算処理して書き込む技術をマイニングと呼びます。このマイニングこそが唯一ビットコイン、あるいは様々な仮想通貨を生み出しているわけです。

ビットコインのマイニングはもうすでにスーパーコンピュータでなくては対応できないほどに高度な処理を要求されますので初心者が個人で始めようとしても不可能の域まで達しています。

仮想通貨取引所で交換したコインの管理はウォレットで!

仮想通貨交換所では様々なアルトコインのチャートを見ることができます。このチャートを参考にして将来有望なコインを見極められる目を養いましょう。そして取引所や販売所で得たコインの管理は個人で徹底すること。

仮想通貨取引所にコールドウォレット(オフラインのウォレット)などが準備されているところは比較的安全ですが、オンラインのままでの管理はゴックス事件の被害者のようなリスクがあります。できるだけ個人で信頼のおけるウォレットを準備することをおすすめします。

売買などで実績を積んでいくうちに徐々にトレードにも慣れてきます。そうなればマイニングへ挑戦するのも夢ではなく、マイナーとしての楽しみが広がりさらに仮想通貨の取引が面白くなるのではないでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る