このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 クラウドマイニングサービスの仕組み・メリット・デメリット

クラウドマイニングサービスの仕組み・メリット・デメリット

63view

2018.01.19

クラウドマイニングの仕組みとは

マイニングとは

暗号通貨は中央銀行のように管理してはおらず、取引記録の管理を独自の方法で行わなくてはなりません。しかし、その独自の管理方法は膨大なマシンパワーを必要としているため、ユーザーのマシンパワーを少しずつ借りながら暗号通貨の取引を管理しているのです。

この新たに取引記録を発行するための流れをマイニングといい、貢献度によっては報酬を得られます。そのため、このマイニングを専門に行っている業者も存在し、暗号通貨の整合性を保つためにマイニングを行っているのです。

マイニングと個人

マイニングには報酬が出されるため、個人で行うことも一応は可能です。しかし、膨大な電気料金に加えマシンスペック、またコンピュータを途中で落とさないようにするための工夫が求められるなど、一個人が参入するには難易度の高い方法です。

少なくとも、取引所にまだ申し込んでおらず、ビットコインやイーサリアムについてあまり詳しくない初心者が手を出すには難しいやり方でしょう。

クラウドマイニングの流れ

マイニングを個人で行うことが難しいことから、マイニングを行っている業者や企業に対して投資を行う方法をクラウドマイニングといいます。自らはクラウドマイニングに対する細かな知識や準備をする必要はなく、投資した金額によってマイニングの配当を受け取ることが可能です。

また、受け取る際には暗号通貨を管理するウォレットに申し込まなくてはいけません。ウォレットによって対応している仮想通貨が異なるため、自分が気になる仮想通貨を取り扱っているウォレットを比較してクラウドマイニングを始めましょう。

クラウドマイニングのメリットとデメリット

個人で行う必要がない

クラウドマイニングの一番のメリットは、面倒な作業や費用の計算を自分で行う必要がない点でしょう。代わりにマイニングを行ってくれる会社を探すだけなので、コンピュータを稼働させ続けるためのコストを支払う必要はありません。

最初に投資額分の出費は必要となりますが、最終的には配当を受け取れることを考えると個人で行うマイニングと比較して難しくはないはずです。また、本来は必要なパソコンに関する知識も必要ないため、パソコンに詳しくない方でも手を出せるメリットは大きいでしょう。

やめやすい

クラウドマイニングが思っていた以上に儲からないと判断した場合、すぐ撤退できるメリットも見逃せません。投資や株、仮想通貨は手を出すことに抵抗のある方も多いかもしれませんが、クラウドマイニングはその中でもイマイチだなと判断した場合すぐにやめられます。

そのため、ビットコインについてよくわからないけど、最初の一歩にしたいという方にも向いているでしょう。

会社が破綻するリスク

マイニングは対象の仮想通貨におけるチャートの変動に強く影響を受けます。そのため、チャートが下落し続けたり、それに伴う投資した会社の業績悪化が連動すると全てのリスクが自分に降り掛かってくる可能性もあります。

会社の規模が大きければその心配も少なくなりますが、絶対はありません。イーサリアムでもどの通貨でも、取引所を通す前に一旦確認してから投資先を決定しましょう。

詐欺の可能性

クラウドマイニングについて無知なユーザーに付け込み、詐欺を行う業者も存在します。まだまだ発展途上な仮想通貨市場では、こうした詐欺が横行している場面も少なくありません。特にクラウドマイニングは日本ではまだ浸透しておらず、英語で書かれている海外サイトを通して情報収集を行うケースも多くなります。

初心者の方はそれも相まって騙されやすくなるため、事前に情報収集をして仮想通貨の取引を始めましょう。

時間がかかる

クラウドマイニングは、良くも悪くも爆発的に利益が変動することはあまりありません。年単位で見て利益を獲得していくため、その間気にかけ続ける必要があります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る