このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨・ビットコインのマイニング(採掘)の仕組み

仮想通貨・ビットコインのマイニング(採掘)の仕組み

34view

2018.01.19

ビットコインのマイニングとは何か?

 

 

暗号通貨への投資が加熱する中、2017年8月に発生したビットコインの分裂騒ぎはセンセーショナルに報じられたため記憶に新しい方も少なくないでしょう。

ビットコインが提唱し、現在イーサリアムなど非常に多くの暗号通貨システムのプラットフォームとなっている分散型情報管理システム「ブロックチェーン」で取引の承認を行い、取引データの改竄を防止するために採用されているのが、高度な演算によって算出されるハッシュ値を取引データに紐付ける管理システムです。

この困難な演算を鉱物の採掘に例えてマイニングと呼びます。

取引の承認とハッシュ値とは?

暗号通貨は実態がないために取引はインターネット上で行います。商品購入代金支払いを例に取り説明すると次の流れとなっています。

1. 販売店で商品を購入する。

2. 購入者のウォレットから支払いの申請を行う

3. 販売店のウォレットから請求の申請を行う

4. 取引が承認される

5. 決済完了

現在はウォレットアプリが普及しているのでワンタッチで支払いを行うことができますが、支払いの際には上記のような手続きが行われています。

4番の承認に必要なのが、取引内容と演算で導かれたハッシュ値を紐付ける作業です。

ハッシュ値とは、デジタルデータを一旦バラバラに分解(ハッシュ)してハッシュ関数というものを加えて演算を行うことで算出された数値です。デジタルデータの内容が変わってしまうと同じハッシュ関数を加えて演算しても導かれる答えの数値が変わるので改竄されてもすぐに改竄の事実を知ることができるシステムです。

イーサリアムなどの多くのアルトコインでもこのシステムが採用されており、暗号通貨取引を支えているシステムといえます。

ビットコインの運営に強い影響力を持つといわれるマイニング業者とは?

現在世界中の取引所で膨大な量の取引が行われているビットコインですが、取引所で行われる取引以外にも、商品代金やサービスの対価としての支払いにビットコインが使用された場合など、全ての取引に対して承認が必要となります。

これらの取引に必要な演算を大手マイニング業者がビジネスとして行っています。非常に高価な高性能演算機を何百台もそろえた「演算工場」が24時間操業で演算を行っています。主に電気代の安い中国などに演算工場は集中しているようです。

2017年8月勃発したビットコインの分裂騒動は、システムの安全性のために演算システムを従来のシステムと互換性のないものにアップデート(ハードフォーク)するべきだというグループと、互換性のあるアップデート(ソフトフォーク)するべきだというグループ間で発生したものです。

多額の投資を行って演算工場を運営しているマイニング業者にとってハードフォークは死活問題ですから騒ぎが大きくなり分裂に至ったといえます。

個人がマイニングに参入してビットコインを稼ぎ出すことはできるのか?

暗号通貨初心者の方の中にはマイニングに興味を持つ方も少なくないでしょう。ビットコインを手に入れる方法として「自分で採掘する」という方法は確かに存在します。価格チャートが現在と比較すると驚くほど低かったビットコイン創成期には、確かにビットコインの入手手段としてマイニングを行うことが選択肢の1つとして効果的でした。

しかしチャートが爆発的に高騰した現在では、ビットコインの取引量は以前と比較にならないほど増加し、承認作業を高速で行うことが求められています。

大手マイニング業者が高性能な演算機を駆使してマイニングを行うのに、マイニング初心者が対抗できる可能性は非常に低いといえます。マイニング業者に対する投資が注目されるほどマイニング業界は熾烈な競争が行われている状況だといえるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る