このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 暗号通貨が高騰する理由とシルクロード摘発の実体について

暗号通貨が高騰する理由とシルクロード摘発の実体について

81view

2018.01.20

ビットコインやイーサリアムが高騰する理由

暗号通貨が高騰した理由

今現在と少し前では理由が異なります。今現在は、多くの人に知られ、世界中のお店や公共サービスなどによって採用されるようになってきたためです。しかし、それは今現在の話であり、ビットコインが丁度急騰していた時の理由は異なります。その一番の理由の背景には中国が関係しています。

初心者の方は数年規模のビットコインのチャートを見ていただければすぐにわかると思いますが、当初は横に平らなチャートで投資先としてはまったく魅力がありませんでした。ビットコインにはマイニングと呼ばれるものがあります。マイニングとは通貨との両替以外でビットコインを得ることができるもう1つの方法です。

ビットコインはお金のように政府によって管理されていないですし、1%の安価な手数料で海外送金が可能なため、海外で出稼ぎしている労働者や海外留学生、海外移住者を中心に利用が急速に広まりました。

中国の富裕層がきっかけ

中国は共産主義の国でお金の移動などが自由にできないため、富裕層がビットコインを利用したからといえます。一番簡単な方法は自分自身が中国人の富裕層になったと仮定して考えてみることです。共産党にもコネがたくさんあります。

しかし、共産党が支配していますので、お金を自由に動かすことはできません。できる限り自分が稼いだお金を守りたいと思います。ところが、中国の経済を見ていると、この先インフレ率は上り続け、バブル崩壊しかねないような状況が続いています。このままお金として大金を持ち続けていてバブル崩壊をむかえると当然紙切れになってしまいかねないです。

貴方としてはこの大金を守るためにどこか安全な場所に保管しておきたいと普通は考えます。そこで暗号通貨は絶好のチャンスなのです。暗号通貨はお金ではないので、中国共産党の管理は当時は関係ありませんでした。

しかも、安い手数料で海外に持ち出すことが可能なわけです。同じように考えた中国人の富裕層の人達がたくさんいたわけです。つまり、最初の段階では投資目的ではなく、自分の資産を守るための1つの手段だったわけです。

シルクロード摘発の実体

シルクロード

暗号通貨には実は闇の部分もあるのです。その代表格がシルクロードといわれるサイトです。シルクロードはわかりやすくいうとヤフオクのようなものです。なんだ、ヤフオクの一体どこが闇なんだ?と思われた初心者の方もいらっしゃるかもしれません。確かに普通に売買している分には問題なかったのですが、シルクロードで売っていたものは違法の物が多かったのです。

例えば、薬物、銃、流出クレジットカードなど、やばいもののオンパレードだったのです。そして、もう一つは唯一の決算手段としてビットコインが使われていたことです。創業者はFBIに逮捕されました。そこですべてが終わればまだよかったのですが、実はここで終わりませんでした。

その後、シルクロード2.0が複数乱立し、同じように違法なものの売買が続いたのです。ビットコインは明らかに便利です、実際のお金にも両替できますし、投資することもできるし、海外に送金することもできます。使い道は多数あって、しかも第3者にごちゃごちゃいわれない。

さらに暗号通貨を使うためには取引所に登録する必要がありますが、特別めんどくさい作業はなく、普通に取引所に登録するだけです。この登録作業もすぐ終わり、いとも簡単に取引所に登録できてしまいます。

ただ、この登録の際にはきちんと取引所を比較することだけは大切です。国内、海外両方合わせると千以上ありますし、キャンペーンやサービスも千差万別なので、きちんと比較して、損しないようにすることが大事です。比較する際にはウォレットについてもしっかり、調べることが大事です。

ウォレットとは入手したビットコインをいかに安全に保存しておくかという保存方法になります。当然ウォレットに登録しておくのがいいのですが、この登録方法も簡単ですので、是非しておきましょう。

要は、いいことに使う分にはビットコインは便利なのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る