このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 マイニング 仮想通貨マイニングってなに?

仮想通貨マイニングってなに?

423view

2018.02.02

仮想通貨を生み出す採掘(マイニング)

 

そもそもマイニングとは?

 

仮想通貨は、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。

その追記の処理には、

ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、

追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの”整合性”を取りながら正確に記録することが求められます。

 

その整合性を取る作業は計算で実現できるのですが、

膨大な計算量が必要となります。

 

この計算に世界中のマイニングする人”マイナー”

コンピューターの計算能力を借りることによって、

気が遠くなるほど膨大な計算を行い、

みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

 

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、

結果として追記処理を成功させた人には、

その見返りとして報酬が支払われます。

 

この報酬は、新たに発行されたそれぞれのコインによって支払われます。

 

つまり、

 

仮想通貨の新規発行がこの瞬間に起こったということになります。

 

わざわざ膨大な計算を行って仮想通貨全体の発展に貢献してくれた人への感謝の形が、

新規コインの発行なのです。

この行為が「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

コンピューターの『計算能力+電気代』お金に変えるビジネスとして、

日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たち(マイナー)が世界中に存在します。

 

そのおかげで、今日もコインの安全性が保たれているのです。

コインの新規発行は、

この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。

 

そのため、コインの発展を信じる人達が、次々と採掘に力を注いでいるのです。

 

仮想通貨マイニングで”最重要”な部品が

 

『グラフィックボード』

 

PCゲームでキレイな画像を出力するための部品なのですが、

マイニングで仮想通貨を”掘り当てる”ためには

グラフィックボードが持つ演算能力がモノを言います

 

グラフィックボードを複数枚接続して

仮想通貨マイニングをするのが常識となっています。

 

元々はマイニングをするために作られたものではないので

普通のマザーボード(基盤)に

挿せるグラフィックボードの数は

せいぜい2-3枚が限界

 

そこでマイニングに特化した

グラフィックボード6枚以上挿せる

マザーボードも登場しています。

 

一枚あたり200w位の電力を消費するので

やみくもに増やせばいいというわけではありませんし

 

それそれのコインが採用しているアルゴリズムが異なるため

相性の良い・悪いメーカーが存在します

RADEON系は◯◯が得意

GeForce系は◯◯が得意

 

一概には言えませんが

こちらのサイトを使っておおよその計算ができます

 

カンタンに言うと

マイニングは設備と電気代をつかって仮想通貨を生み出す仕組みです

 

設備が安く構築できる

電気代を安くできる

 

その部分で利益率を上げることが可能

収益を確保できれば、

古いグラボなどのパーツはヤフオクなどで現金化してしまえば

初期投資を後から回収することもできます。

 

 

 

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る